誰も住まない家は早めに売却を!

誰も住まない家は早めに売却を!

誰も住まない家は早めに売却を!

実際、よく見かけるのですが、誰も住まない家をずっと管理し続けているケースが多々あります。
家は基本的には古くなるほど、資産価値が下がっていきます。
それに誰も住まない家に固定資産税などを払い続けるのは、まったくの無駄と言えるでしょう。
それに人が住まなくなれば、よっぽど気をつけて管理をしないと、急速に家自体が傷んでくるものです。
これはある程度は仕方が無いのかもしれません。
もちろん、いずれ誰かが住む見込みがあり、一時的に空き家になっている状態なら良いと思います。
でも、そうでないなら、資産価値の高いうちに早めに売り払うほうが有効です。いつまでもグズグズしていると、売ろうと思っても売れない物件になってしまいます。
また、売却すれば、空き家の管理と言った無駄な労力からも解放されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ